Aroma Terrace ~aromatherapy&herbs~

terrace108.exblog.jp
ブログトップ

タグ:手作り ( 2 ) タグの人気記事

2011年の味噌作り


今年も恒例となった味噌作りをしました。
生協で毎年この時期に味噌作りに必要な材料を売っているので、忘れずに注文しています。
自分で準備するとなるとなかなか出来なくても、家に届いてしまえば、仕方ない、やるか~という気にもなります。

作り方を簡単に・・・
①前日に水に浸しておいた大豆(1Kg)を、新しい水に替えて3~5時間、灰汁をとり、水を足しながら煮る。指先で潰せるくらいまで。
②ざるにあげてよく水分を切る。このとき煮汁を種水用として300ccぐらいとっておく。
種水:煮汁300ccに塩35gを加える。
③熱いうちに大豆をつぶす。
④種みそを2等分にしておく。
種みそ:酵母菌が生きている熟成味噌を「種みそ」として加えることで発酵を促す。市販の味噌の場合、原材料にアルコールや酒精がないものであれば種みそとして使えます。私の場合前年作った味噌を種みそにしています。
⑤容器を焼酎などで消毒し、種みそを容器の底に薄く敷き詰める。
⑥こうじ(米こうじ1Kg)と塩(450g~490g)を混ぜる。
⑦⑥に③の大豆、残りの種みそを入れて混ぜる。
小指がすっと入るくらいの柔らかさになるまで、よく混ぜ合わせます。かたい場合は種水で調節します。
⑧みそ玉を握り、かめに詰める。
おにぎり大に丸め、3~4個づつ容器に詰めて上から手のひらや甲で押して空気を抜きます。これを繰り返して最後は表面を平らにします。
⑨表面をラップでおおい、重石をします。
塩800gを大きめのポリ袋に入れたものを重石の代わりにすると、重さが均等にかかるだけではなく抗菌性が高くなります。
⑩新聞紙をかぶせてひもでしばり、冷暗所に。


熟成期間は6カ月から1年くらい。梅雨明けに一度天地返しをします。
画像もないし、文字だけでみるとすごく大変そうですが…。
大変なのはつぶす作業のみ。
圧力鍋とフードプロセッサーがあればあっという間。だそうです。
うちには両方ないのでひたすら人力ですが、小学2年になった息子もだいぶ使えるようになり、マッシャーと麺棒で意外に早く終わりました。
今年はお味噌汁の中にまるごとの大豆がぷかーんと浮いてきて、気持ち悪がられることもない、はず。
煮て、潰して、混ぜて、かめに詰めてじっくり寝かせる。
これだけの単純なことで、お味噌って出来てるんです。
待っていれば酵母菌がせっせと働いてくれる。
スーパーに行けば何でも売っていてすぐに手に入るけれど、なかなか出来ない「じっと待つこと」の大切さをしみじみと思います。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-01-31 21:27 | たべること

2010年の味噌作り

毎年この季節に味噌を作っています。
今年で4年目。

まとまった時間は必要ですが、思いのほか簡単に作れます。
初めてお味噌を仕込んで出来上がったとき、手作りのお味噌はどんなにおいしいだろうと、わくわくしながらなめてみると・・・
「うん、お味噌だね・・・」という以外の感想はなく、少し肩すかしをくった気分でした。
市販の出汁入りのお味噌に慣れてしまった舌には少し物足りなく感じました。
でも、これでお味噌汁を作ってみると、本当にしみじみとおいしい。
手作り味噌はやめられません。

1Kgの大豆。これで約4Kgのお味噌ができます。
うちにはフードプロセッサーがないので、マッシャーでひたすらつぶします。
毎年このときばかりは「今年こそフープロを!」と思います。
c0223752_9353363.jpg

塩と米こうじ、種みそを混ぜます。
これだけでお味噌ができるなんて不思議。
c0223752_2151638.jpg

みそ玉を握り空気が入らないようにかめに詰めていきます。
ほとんど泥だんごあそび。これが食べ物との感覚はないようです。
c0223752_21543483.jpg


今年もおいしいお味噌ができますように。

[PR]
by aroma-terrace | 2010-02-16 09:38 | たべること