Aroma Terrace ~aromatherapy&herbs~

terrace108.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーブ ( 6 ) タグの人気記事

アロマテラピーとハーブ


3月になりました。
憂鬱なお天気が続いていますが、春はもうすぐですね。

前にお知らせしている3月のレッスン
今までは自宅のみでしたが、今月は家を飛び出し、ノーザンライツさんのショールームでも開催させていただくことになりました。
タイル張りのキッチンにアイランドカウンター、Mieleの冷蔵庫・・・まさにあこがれの空間でのレッスン、我が家とはまた違う雰囲気になりそうです。

1,2月とお休みしていたこともあって、改めて、レッスン内容を見直しています。
今回からはアロマテラピーだけでなく、ハーブについても、もっとお伝えできたらと思っています。
精油を使うときに、その原料である植物の姿を思い、その一滴を愛おしんでいただけるように。

また、私のレッスンは資格取得を目的としたものではありません。
セルフケアや美容、ハウスキーピングなど、日々の暮らしの中でアロマテラピーとハーブを取り入れるヒントをお伝えしたいと思っています。
気になるテーマがありましたら、ぜひお気軽にご参加くださいね。

まだまだ勉強不足でご期待に添えないこともあるかと思いますが、みなさんと「香り」の体験を共有できたら嬉しいです。



[PR]
by aroma-terrace | 2011-03-01 20:34 | Lesson

ラベンダーの効能

明後日のイベント「森のドア」に向けて、今はラベンダーのサシェを作っています。
ちくちくと夜なべして。
c0223752_1826176.jpg


ここのところの寝不足で、身体は疲れているはずなのに、ボウルいっぱいのラベンダーの香りに、心は穏やかで、気持ちよく手が動きます。

夕べ、うっかり指に針を刺してしまいました。
刺繍用の太目の針を使っている上に、すくい上げるように刺してしまったので、暫くしてもズキズキと暴力的に痛かったです。
ちょうどラベンダーの精油が近くにあったのでぽとりと一滴塗ると、すうっと痛みは引きました。
レッスンなどでラベンダーの効能として、鎮痛作用や、やけどやちょっとした傷の手当てに、とお話するのですが、実体験が伴わず、さらりと流していました。
次からは説得力をもって語れそうです。
怪我の功名といったところでしょうか。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-02-22 12:22 | アロマとハーブ

森のドア ~ ハーブティ「春風ネトル」


先週末から急に暖かくなりました。
朝庭に出ると新しい緑の匂いがします。
昨日の夜の雨は、ほこりを含んだような、春の匂いがしました。

春が来るのはとてもうれしいのですが、花粉症の方にはつらい季節です。
とくに今年は昨年の5~10倍の飛散量だとか…。

この季節、よく取り上げられるハーブ、「ネトル」をご紹介します。

ネトル
和名は西洋イラクサ。多年生草木で棘のある草として厄介者扱いされているんだそうです。
アンデルセン童話にも白鳥に変えられた11人の兄王子の呪いを解くために、妹姫が指先を血まみれにしながらイラクサ(ネトル)から糸を紡ぎ、上着を作る、という場面が出てきます。20世紀初頭までは繊維を作る材料としても使われてきました。
植物療法としても重要なハーブとしてはるか昔から現在に至るまで、さまざまな症状に用いられています。
その含有成分は多岐にわたり、体の中の老廃物を排泄することによって血液を浄化し、アレルギー疾患や痛風、前立腺肥大などの代謝性疾患を予防する作用があります。
ヨーロッパでは春先にネトルを積極的に摂取して、冬の間蓄積された毒素を排出して体質改善をはかる「春季療法」という方法があります。
今では療法というよりもライフスタイルとして残っているようで、日本の冬至にかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入るといった習慣と共通するところもあるのでしょうね。
味は、緑茶にも似て、癖がなく飲みやすいです。
ただ個人的には、香りが…。青汁っぽいというか、葉緑素のパワーを感じます。
慣れてしまえば大丈夫なんですけどね。

春季療法に倣い、ぜひ毎日摂りたいハーブなので、もっと飲みやすくブレンドしました。
抗カタル作用を期待してエルダーフラワーと、炎症により不足しがちなビタミンCの補給でローズヒップを合わせています。

c0223752_1612470.jpg

「春風ネトル」

***ハーブに関しての記述はあくまでも一般的に言われていることをまとめたものです。
ブレンドハーブティの効能効果を謳ったものではありませんのでご了承ください。
疾患をお持ちの方、お薬を服用されている方、妊娠中の方、小さなお子様は、病院の先生に相談されることをお勧めします。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-02-07 09:22 | アロマとハーブ

ハーブティ ~ エルダーミント


寒さも本格的になってきましたね。
インフルエンザも猛威をふるっているようです。

今の季節にぴったりなハーブのご紹介です。

エルダーフラワー
エルダーはスイカズラ科の低木で初夏にクリーム色の星型の小花を房状に付けます。
マスカットのような香りがあり、ハーブティーとして利用します。
フラボノイドを豊富に含むため、発汗作用、利尿作用、抗アレルギー作用があり、カタル症状を鎮めることから、欧米では「インフルエンザの特効薬」とも言われています。
花粉症に対しても効果が期待できそうです。
ドライハーブの香りはマスカット、という感じではありませんが・・・ほのかにフルーティ、さわやかな香りがします。
お味は癖もなく、シングルでも飲みやすいハーブの一つです。

2月のイベント「森のドア]には「エルダーミント」というブレンドハーブを持っていきます。
エルダーフラワーに、ペパーミントを加えてよりすっきりと飲みやすくしています。
そのまま飲んでもいいのですが、くし形に切ったレモンをぎゅうぎゅうとたっぷり絞りいれ、はちみつを加えて飲んでみてください。
c0223752_23361930.jpg



ヨーロッパでは、「エルダーフラワーコーディアル」という伝統的な飲み物があり、今でも楽しまれているそう。
その小さな花を集めてシロップを作るのです。
日本で梅酒を漬けるのに感覚は似ているのかも。
それにしても「小さな花を籠いっぱいに集めてジュースを作る」なんて、まるでおとぎ話みたい!


どんなに注意していても風邪を引くときは引いてしまうもの。
仕方ないと割り切って、思い切り自分を甘やかしてゆっくり休むのが一番いいと思うのですが、忙しい現代人はそうもいかないようです。
うがい、手洗いは基本ですが、ウィルスに負けないよう普段から免疫力を上げるべく、私も日々気をつけたいと思います。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-01-29 23:40 | アロマとハーブ

あけましておめでとうございます


2011年の幕開けです。

いつもと変わらない「昨日」と「今日」なのに、年が改まるだけでなんとなくすがすがしく、気持ちも新たに頑張ろうと思う、とても単純な私。

でも年に一度はこんな気持ちの切り替えも大事かと思います。

というわけで、今年もアロマとハーブで活動してまいります。
2月には2day-shopイベントも予定しています。
詳細が決まり次第お知らせいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-01-06 01:01

レモン

庭のレモンの木が今年初めて実を付けたから、とひとつおすそ分けをいただきました。

c0223752_14343936.jpg


レプリカみたいにきれいな、色も形も完璧な美人レモン。
無農薬のレモンが庭で採れるなんてうらやましい。
私もレモンの苗木を植えたくなりました。

[PR]
by aroma-terrace | 2010-12-18 14:40