Aroma Terrace ~aromatherapy&herbs~

terrace108.exblog.jp
ブログトップ

ハイビスカス

6月のレッスンのティータイムはハイビスカスでした。

c0223752_23183899.jpg

ハイビスカスとローズヒップのアイスティー
ハイビスカスとローズヒップのジャム&スコーン


さわやかな酸味と美しいルビー色が特徴のハーブです。
「天然のスポーツドリンク」とも言われています。

酸味はクエン酸、リンゴ酸などの植物酸。ミネラルも含むため、エネルギー代謝や新陳代謝を高めてくれます。
ルビー色はアントシアニン色素。
肉体疲労や目の疲れによいハーブです。

ビタミンCはそれほど含まれていないため、「ビタミンCの爆弾」という異名をとるローズヒップとブレンドすると、相乗効果によりビタミンCを効率的に吸収でき、美容効果も期待できます。
風味もまろやかになり、酸味が苦手な方にも飲みやすくなります。
さらに飲みやすく!今回はカルピスもご用意。
ハイビスカスカルピスは色もかわいいピンク色で、ハーブティを飲みなれない方にも喜ばれそうです。

これからの季節、冷蔵庫に冷やしておいて、夏バテ予防にも、日差しをたくさん浴びてしまったお肌にも、さらにはダイエットにも!たくさん飲みたいハーブティです。

ティーとして飲む以外にも、お酢に1週間ほど漬けこんでハーブビネガーに。
きれいな赤いお酢ができます。
大さじ1をコップ一杯のお湯、または水で割って飲んだり、ドレッシングに使います。
これですし飯を作るとほんのりピンク色になります。
5月の運動会には紅白お稲荷さんを作りました。
疲労回復にも一役買いますし、見た目にも盛り上がります!

今回はローズヒップと合わせてジャムを作りました。
独特の酸味で、ビタミンCもたくさんとれそうです。
ちなみにローズヒップのビタミンCはビタミンPに保護されることによって加熱しても壊れにくいそうです。
分量などかなり適当なのでご紹介できませんが、ご参考までに作り方のみ書いておきます。

1.ハイビスカスに熱湯を注ぎ、5分ほど抽出します。
2.酸に強い鍋に濾し入れて、ローズヒップ(細かく挽いてもそのままでも)を加えます。
3.様子を見ながらペクチン(粉末)を加え、とろみがでるまで煮詰めていきます。
4.少しゆるいくらいで味を見ながら砂糖を加えます。

[PR]
by aroma-terrace | 2011-06-25 00:22 | アロマとハーブ